あなたの頭痛は顎関節症が原因かもしれない

smile-122705_640

口を大きく開けた時に顎がカクカク鳴ったり、顎が横にずれるように動くことはありませんか?
また、口が大きく開かなかったりしていませんか?
そのような症状がある場合は顎関節症の疑いがあります。
顎関節症(がくかんせつしょう)と頭痛は深い関係がありますので解説します。

顎関節症とは、顎の関節の骨がズレたり変形したり筋肉が異常を起きる症状です。
症状として、顎に痛みがある、顎を動かすと音がなる、顎が動かしにくく口が大きく開かないなどがあります。

たまに症状が出る軽症のものから、慢性的に症状が出る重症のものまでいろいろあります。
なかには殆ど口が開かず手術が必要な場合もあるほどです。
症状も頭痛だけではなく目眩や顎の付け根の痛み、こめかみなどの顎を動かす筋肉の痛みなど程度によって様々です。
人によっては、めまい・耳鳴り・肩こり・顔や顎のしびれ・不眠などの症状がでることもあります。

顎関節症になりやすい人は20歳から40歳くらいの女性に多く、
女性のほうが筋肉の緊張に敏感で骨格が小さく弱いのが原因ではないかと言われています。

ストレスなどが原因で、くいしばり、歯ぎしりなどの生活習慣が原因で顎関節症になっていることがあり、
歯並びの悪さや虫歯などが理由で、片方の歯ばかりで噛む癖がついているのが原因の場合もあります。

顎関節症になる原因には大きく分けて、顎の骨がズレたり変形したのが原因の場合と
口を動かす顔の筋肉がうまく動かなくてなる場合があります。
このうち顔の筋肉が原因で顎関節症担っている場合は頭痛が起こりやすいのです。

顎関節症の治療方法

  • スプリントと呼ばれる上下の全歯列にはめるマウスピースを寝ている間につけて、歯軋りや食いしばりの癖を治す治療方法
  • マッサージなどによって顎周辺の筋肉をほぐして動きをよくする治療方法
  • カイロプラクティックによるストレッチやエクササイズなどの治療方法
  • 筋弛緩剤による治療

歯科や口腔外科や整体院に行って相談・診察・治療してもらうと良いでしょう。


大山矯正歯科②顎関節症について (まちバル)のYoutube動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする