ストレートネック症状の原因と改善方法

neck-1211231_640

スマホ首やスマホ症候群とも呼ばれることもあるストレートネックは
パソコンやスマホの長時間の利用で、うつむいた姿勢が続くと起こります。
逆に姿勢が良いとされている状態が続くバレエや社交ダンスなどをしている人にもおこります。
また、スポーツや事故によって首に衝撃を受けた場合もなります。

首(頚椎のカーブ)の自然なカーブが失われまっすぐになってしまいます。
頚椎のカーブが衝撃のクッションの役割をしていたので、それがなくなると首の周辺の筋肉が硬直し肩こりの原因になったり
神経が圧迫されたりして手の痺れの原因になったりします。

猫背の人はストレートネックになりやすく悪い姿勢が長時間続かないようにしましょう。

ストレートネックの症状

ストレートネックは首が圧迫されるので、神経が刺激され体に痛みが出たり、首の周辺の筋肉が凝り固まって肩こりなどの原因担っています。

めまい、頭痛、顎関節症、側わん症、吐き気、肩こりや首こり、手の痺れ、不眠症、喉がしまって食べにくい、花粉症などがあります。

ストレートネックの予防方法と治し方
姿勢の改善

本を読むときやパソコン・スマホをするときに、うつむき姿勢にならないようにする。
長時間同じ姿勢を取らないように、定期的にストレッチや体操をするようにする。

首の牽引

首を引っ張って歪みを治す治療ですが、やり方を間違うと逆に痛めてしまうので注意が必要です。

理学療法

筋肉が硬直している部分や痛みがある部分に電気を流して治療をおこなう電気療法。
揉む・摩る・叩くなどのマッサージを首・肩の周辺におこなって筋肉の緊張をほぐします。

薬物療法

痛みが強い場合は非ステロイド性消炎鎮痛剤などの痛み止め、筋肉を緩める薬の筋弛緩剤などが使用されることもあります。

枕の改善

ストレートネック専用の枕をつかう。タオルを使って枕をつくる。

ストレッチ

いろいろはストレッチをして改善・解消する方法が動画がありますので以下にその一部を紹介しておきます。


ストレートネックの治し方、枕をフェイスタオルで簡単にすぐ作る方法のYouTube動画


枕を使った。ストレートネック、顎関節症、首こり解消体操のYouTube動画


【健康】に掲載された【頚椎症】にも効果的な手の平あわせ体操のYouTube動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする