猫背の原因と改善と治し方

cat-1248019_640

猫背は、スタイルが悪く見えるし、自信がなさそうに見え、性格も暗く見えるなど
あまりよい印象が持たれません。
また、体の中心の背骨や骨盤が正しい位置にないことによって内蔵や神経に不都合が起きたり、
血流がわるくなったりと健康に悪いことばかりです。
猫背は悪い生活習慣によってなることが多いので、正しい仕組みや改善策や予防策を理解し実行することが大切です。

猫背になると正しい姿勢が疲れるという矛盾が起こってしまします。
猫背を直すと正しい姿勢でいることが一番楽になり、良い姿勢を維持することが簡単になり猫背にもなりにくくなります。
正しい姿勢とは、「ヒザ立ち」した背筋が伸びた体の状態です。

猫背とは?

医学的に円背、亀背、脊椎後湾曲などとも呼ばれています。

猫背とは背中が前かがみに曲がっている状態で、骨盤のズレや背中の筋肉の衰えが原因とされています。
したがって、運動不足の人や、パソコンやスマホや料理などの家事や読書やデスクワークなどを長時間使用していることで姿勢が悪くなりがちな人は猫背の人が多いのです。

また、大胸筋やインナーマッスルである骨盤の筋肉(腸腰筋)の萎縮によっても猫背が起こります。
この萎縮が起こると筋肉に柔軟性がなくなり血流が悪くなります。

これを防ぐためにストレッチして筋肉をほぐし体の歪みを改善することが大切です。
筋肉を鍛えるエクササイズとして「モモ上げ歩行」「レッグレイズ」「ニーレイズ」などがあります。

猫背は、四十肩、五十肩になったり、ストレートネックの原因になったり、冷え性の原因になったり、
二の腕のたるみ、二重あご、背中に無駄な肉がつく、痩せにくい体質になる、便秘になりやすくなる、首周りに無駄な肉がつく、胸が垂れるなどのスタイルが悪くなったりします。

猫背になると呼吸が浅くなりやすく、その結果、自律神経失調症になったりストレスが溜まって精神疾患になる可能性があります。
また、酸素を取り入れる量が少なくなるのでドロドロの血液になり脳梗塞や心筋梗塞といった生活習慣病になりやすくなります。

猫背のタイプ

骨盤が前傾の猫背

骨盤が前に曲がるタイプ

骨盤が後傾の猫背

骨盤が後ろに曲がるタイプ
ポッコリお腹になりやすいです。

椅子に座るときに浅くだらけた感じに座らずに、お尻を背もたれまで持って行き深く姿勢よく座るようにすると骨盤後傾型猫背の予防になります。
また、座るときに、おへその下にある「丹田」という部分に力を入れるようにするとよいです。

猫背改善ストレッチ

姿勢改善ベルトやストレッチポールを利用する
ヨガで体幹を鍛えて強くしたり、体を柔軟にして良い姿勢を保てるようにします。

矯正ベルトは一時的に良くなったように感じますが根本的な解決にはなりません。逆に肩こりなどが起こることもあり慎重に使用してください。

低反発のようなベッドやソファが柔らかいと猫背になりやすい。
硬い布団やベッドに寝ると寝返りが打ちやすく、体の歪みを整えやすくなります。


猫背を治すストレッチ(高画質)箕面市の整体「岩永朋之整体サロン」のユーチューブ動画


寝るだけの猫背の治し方。猫背矯正の簡単ストレッチ 神戸三宮ひふみ整体のユーチューブ動画

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする