知らないと怖い!片頭痛と緊張型頭痛の違い

stress-391654_640

頭痛は女性に多く、慢性化したりと悩んでいる人が多いです。
症状によって対処方法が違う場合があり、正しい処置をしないと逆効果で症状が悪化してしまうことがあります。

頭痛は大きく分けると2種類ある

一次性頭痛(他の病気が原因じゃない頭痛)

他の病気が原因で起こっていない頭痛のことで、慢性的に症状がでることが多いのが特徴です。
主に、片頭痛・緊張型頭痛・群発頭痛・後頭神経痛・薬剤誘発性頭痛の5種類があり、複数合併している場合もあります。
この5種類の内、片頭痛か緊張型頭痛に殆どの人が当てはまります。

二次性頭痛(他の病気が原因の頭痛)

うつ病・不眠症・脳出血・脳出血などの病気が原因で起こる頭痛です。
場合によっては命に関わる危険なことがあります。

片頭痛とは?

日本人の頭痛持ちのうち約30%が偏頭痛と言われています。

症状

たまに頭が痛む。
頭の血管が拡張するのが原因です。
頭の片側のみズキンズキンする脈を打つようなリズミカルな痛みがある。
めまいや吐き気がする。
寝起きから頭痛が続く。
天気の良い日に太陽の光を浴びた時に頭痛が起こる。
臭いや音が原因で起こる。
運動の後や仕事が休みの時など、緊張が溶けた時に起こる。

片頭痛の原因

偏頭痛が起こる仕組みについては解明されていないが、幾つかの説はある。

  • セロトニンによって脳の血管が収縮し、その後血管が拡張する
  • 顔の知覚神経が刺激され血管が拡張する(三叉神経血管説)
  • 遺伝
  • 睡眠時無呼吸症候群が原因

片頭痛の対処方法

コーヒー、日本茶、紅茶などのカフェインが効果的である。
クスリは、NSAIDs、トリプタン、エルゴタミン、制吐剤、抗うつ薬などが効果がある。
痛む箇所を冷やす。

緊張型頭痛とは?

日本人の頭痛持ちのうち約70%が緊張型頭痛と言われています。

緊張型頭痛の症状

毎日のように慢性的に頭が痛む。
首や肩のまわりの筋肉のコリやストレスが原因です。
締め付けられるような痛みがある。

緊張型頭痛の原因

体や精神的なストレスが原因とされている。
同じ体勢が続きやすいデスクワークをしている人などがなりやすい。
心配ごと、不安、悩み、うつが原因の場合もある。

筋肉の緊張によって筋肉が収縮することによって起こる。

緊張型頭痛の対処方法

リラックスして筋肉をマッサージや風呂や体操などでほぐすこと。
また、普段からウォーキングやストレッチをして筋肉を硬直させないようにし、
ストレスがたまる前に上手に発散することです。

まとめ

今まで経験したことのないような激しい痛みがある場合や、突発的な痛みや、高齢者・幼児などの場合は、命に関わる緊急性の高い病気の可能性があるので、救急車を呼ぶなどの判断が必要な時があります。

自分で判断できない場合は病院に行き、お医者さんに診断してもらうことが大切です。
薬局で頭痛薬を買う場合は、薬剤師の方に症状を詳しく説明しアドバイスにしたがってクスリを処方してもらって下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする