たらこ唇を薄く見せるための改善方法

smile-191626_640

たらこ唇は英語で「trout pout」と言います。
troutは「マス、マスの身、愚かな醜い老女」を意味して、
poutは「口をとがらす、ふくれっつらをする、すねる」を意味します。

たらこ唇がコンプレックスになり悩んでいる人が結構いるみたいです。
たいていは自分が思っているほど「たらこ唇」になっていなかったり
逆にチャームポイントになっていたりするのですが
本人にとっては気になるもので、出来れば目立たなくしたり少しでも薄くなるようにしたいですよね。

そこで「たらこ唇」で悩んでいる人のために
少しでも役に立つような原因や治し方の情報を紹介したいと思います。

出っ歯などの歯並びを矯正すると「たらこ唇」が治る

歯が前方に飛び出していると唇も前に出て膨らんでいるように見えるため
歯を矯正して引っ込めることによって唇も隠れる部分が多くなり「たらこ唇」に見えなくなります。
もちろん歯の出っ張り具合や唇の暑さなどで個人差があるとおもいますので、
歯科で歯医者さんに相談して適切に治療してもらうのが良いでしょう。

口の周りの皮膚アレルギーが原因

女性の場合、口紅が体質に合わなくてアレルギー反応が出て皮膚が炎症を起こしていることも癌が得られます。
また、食べ物が原因でアレルギーが原因の皮膚の腫れも考えられますので
心当たりがある方は、皮膚科で診察してもらうのでようでしょう。

老化で顔の表情を作る筋肉が衰えて起こる

顔の周りにある沢山の筋肉(表情筋)のなかでも口輪筋という口の周りにある筋肉が老化し弱ってくると、
口角が下がって唇が厚く見えるようになります。小顔体操のような顔の筋肉をトレーニングすることによって
たらこ唇を改善できる可能性があります。

口呼吸をしている人は「たらこ唇」になりやすい

口呼吸とは鼻を使って呼吸せず口で吸って口で吐くという呼吸の仕方をすることです。
口呼吸をすると口が常に半開きになりやすく唇が前に出て厚みが強調されます。
口呼吸は他にもデメリットがたくさんあり何一つ良いことがありません。
よって、鼻で息を吸い口で吐く「鼻呼吸」をするようにしましょう。

唇が厚いことは決して悪いことばかりでなく良いこともある

たらこ唇と言うと悪いイメージが先行しがちですが、
厚みのある唇は女性であればセクシーで色っぽい口元として憧れているひともいるのです。
唇にヒアルロン酸の注射をうち厚く見せるための美容整形をする芸能人やハリウッドスターがいるくらいです。

また、薄い唇は冷たい性格のイメージがあり、厚い唇の人は優しいイメージがあります。
物の見方や考え方をかえるだけで今までコンプレックスだったことがチャームポイントになることだってあります。
ぜひ、自分の個性を前向きにポジティブに考えて見つめ直して下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする